SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

「中山の家」−ポタジェのある大屋根の家−

閑静な住宅地内、北側の生活道路に面した切妻大屋根の平屋建て風の住宅です。日当たり良い敷地中央に建物を配し、北側は駐車スペース、南側にはポタジェ(家庭菜園)を並列させています。
北側は季節風やプライバシーに配慮し、南側は穏やかな暮らしができる空間を創出しています。

建物南側には花壇や菜園に隣接するガーデンキッチンを設け、家族や友人との交流カフェやブランチなどにも愉しく使えます。間仕切戸を開放すると和室〜LDK〜土間テラス〜菜園〜遠方の山並みまで見渡せ、奥行き感ある空間の中で四季感じつつ豊かに過ごせる住まいです。

  • 所在地   宮城県
  • 構造規模 木造一戸建て住宅(ベタ基礎・在来工法)
  • 竣工時期 2016年7月
  • 敷地面積 467.58屐141.4坪)
  • 延床面積 106.62屐 32.2坪)
撮影/今野 貴之(フォトスタジオ モノリス)
中山の家 01
01
南側外観

中山の家 02
02
リビングよりダイニングキッチンと寝室、デッキテラス越しにポタジェを見る

中山の家 03
03
2階書斎よりリビング吹抜けを介して遠方の山並みを見る

中山の家 04
04
夕刻に外観とポタジェを見る