SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

西多賀の家 −梅古木と共に暮らす−

敷地は仙台市太白区西多賀の住宅地内の高台に位置し、北・東・南を道路と隣家に接し南西側の開かれた斜面地の先に森や遠方の山並みを望む豊かな環境にあります。
南西遠方の森とLDK・テラス・コモンを対面させて大きく開き、プライバシーを守りつつ眺望と解放感を獲得すると共に、敷地内の小道や梅古木を活かし暮らしに取り込むのびやかで健康的な住まいです。

  • 所在地   宮城県仙台市太白区
  • 構造規模 木造一戸建て住宅(ベタ基礎・在来工法)
  • 竣工時期 2017年9月
  • 敷地面積 500.00屐151.2坪)
  • 延床面積  99.60屐 30.1坪)
撮影/今野 貴之(フォトスタジオ モノリス)

西多賀の家 01
01
西側外観。

西多賀の家 02
02
LDK。大きく庇を出した広い下屋空間と連続して多様に使える。

西多賀の家 03
03
LDKより下屋の大開口越しに遠方の森を眺める

西多賀の家 05
04
寝室。扉を開放するとコモンを介して遠方の山並を望む。




鶴岡の家 −メロン農家の二世帯住宅−

 二世帯化を見据え老朽化した母屋の建替計画。山形県鶴岡市内の月山連峰と鳥海山を見渡す集落地に位置する、薪ストーブのある大きな吹抜空間が心地良い二世帯住宅です。

 建築は、建物全体をワンルーム空間と捉えて薪ストーブを設置した吹抜けのあるLDKを中心に各居室を配置し、温度差無く家族の気配を感じられる空間を実現しました。可変性ある間仕切で将来の暮らしの変化にも対応、土間や庭を介して室内へ自然な風や緑を呼び込む、豊かで健康的な住まいです。

  • 所在地   山形県鶴岡市
  • 構造規模 木造一戸建て住宅(ベタ基礎・在来工法)
  • 竣工時期 2017年6月
  • 敷地面積 651.57屐203.1坪)
  • 延床面積 120.97屐 36.6坪)
撮影/中吉 満(プロフィール仙台)

鶴岡の家 01
01
東側外観

鶴岡の家 02
02
吹抜けのあるLDK。

鶴岡の家 03
03
LDに面するキッチンはステンレス製オープンキッチン採用。

鶴岡の家 05
04
2階コモンより吹抜けを見る。