SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

錦ヶ丘の家 −平屋のコートハウス−

南方向に森林が見渡せる3面道路に面した敷地の中央にコート(中庭)を配して、外に閉じながら内に開き、プライパシーを確保しつつ開放感が得られる空間づくりを目指した平屋計画。
内外壁の漆喰塗り壁と、各居室と一体化する芝を張ったコートと屋根付のパティオ空間が、住まいに安らぎと豊かさを与えてくれます。

  • 所在地   宮城県仙台市青葉区錦ヶ丘
  • 構造規模 木造一戸建て住宅(ベタ基礎・在来工法)
  • 竣工時期 2013年7月
  • 敷地面積 385.51屐116.6坪)
  • 延床面積 186.72屐 56.4坪)
撮影/今野 貴之(フォトスタジオ モノリス)
錦ヶ丘の家01
01
前面道路より南側外観。

錦ヶ丘の家02
02
リビングダイニング。

錦ヶ丘の家03
03
コート。借景とした森林をパティオ越しに望む。

錦ヶ丘の家04
04
書斎から眺めるコート夜景。